子供が好き

ただ小学生に、漢字の書き取りをしテストをする簡単な仕事で家庭教師が成り立つものだとしても、 生徒さんから意欲的にいろいろ質問されることもあるでしょう。 生徒さんから、なんで?どうして?と質問攻めにされることって、結構多いようです。 そのとき、もちろん家庭教師のみなさんは、 生徒さんの質問に全部自信をもって回答できるようにならなければならないです。 それこそが、生徒さんに信用される家庭教師の立ち位置と言えるものではないでしょうか。

「公式だからこう覚えればいいんだよ」という教え方って、 生徒さんがあまり今後勉強を意欲的になれる教え方ではないと思うのです。 そして、家庭教師の人たちは、たかがアルバイトという思いもあり、 質問攻めになれば、イライラしてしまったり、焦るということがあるかもしれません。 公式に至る過程を、イライラせずに教えることができるというのも、大きな家庭教師の資格です。

そのためにどのような人たちが小学生の家庭教師に向いているのかといえば、 子供さんが好きというのもあるのではないでしょうか。 全然、子供さんと向きあう気分でもないのに、 そして子供さんが大嫌いという人たちが家庭教師でお金を稼ごうと思ってもなかなか厳しい現実はありそうです。